オンラインカウンター
有機化学の話
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巨大隕石

地球の生命に欠かせないアミノ酸などの有機物が、
隕石(いんせき)が海に衝突する際の化学反応で簡単に合成できることを、
物質・材料研究機構と東北大学のグループが実験で確かめた。

現在分かっている原始地球の大気組成に基づいて、
生命物質の合成に成功したのは世界で初めて。
科学誌ネイチャー・ジオサイエンスに8日発表する。

アミノ酸などの起源については、米国の化学者ミラーが1952年に、
アンモニアやメタン、水蒸気を詰めたフラスコ内で放電、アミノ酸などを合成した
有名な実験がある。

しかし、原始の大気は、当時考えられていたようなアンモニアやメタンが主成分ではなく、
二酸化炭素と窒素、水蒸気だったとする説が有力。
この組成では、ミラー実験のような化学反応は起きないことから、
生命物質の由来は再び謎となっていた。

グループは、窒素ガスで満たした金属筒に水と炭素、鉄などを封入。
超高速でプラスチック製弾丸を衝突させて筒の内部を瞬間的に約6万気圧に上げ、
隕石の海洋衝突を再現した。
その結果、アミノ酸の一種のグリシンや、脂肪酸、アミンといった、
生物の体を構成する基本分子が生成した。

同機構の中沢弘基・名誉フェローは「現段階で考えられる合理的なシナリオだ」と話している。


ソース:読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20081208-OYT1T00001.htm

以下2ちゃんねるの反応
9 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2008/12/08(月) 08:18:23 ID:1ARdyfir
隕石が海に落下して生命が生まれたのか。
すごいロマンだな。


11 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2008/12/08(月) 08:23:43 ID:zCfTHrgH
地球が卵子、隕石が精子


14 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 08:47:26 ID:ILXtP+k/
深海の岩石表面で合成ってシナリオもあったが、こちらも面白いな。


17 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2008/12/08(月) 09:03:08 ID:qv06CREA
でも隕石くらいで生まれんだったら海底火山の噴火でも生まれそうだがな

やっぱり隕石にL型アミノ酸なんじゃねの


19 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 09:26:00 ID:yKSRdfuY
複製能力はいつ獲得したの

21 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2008/12/08(月) 09:44:52 ID:u4YUN0P5
つまり、水のある惑星にロケットを打ち込んで人工的に生命誕生を
促すことができると……。

大いなる意志を感じる……。

25 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2008/12/08(月) 10:43:19 ID:KvO85BEw
地球に限った話じゃないわけだ。
 しかしそうなると、今後火星などで有機物の痕跡が見つかっても、
それは昔海があった頃に隕石がね、ということでしかなくなるのかもしれない。


ダイヤ

鉛筆のしんなどに使われる黒鉛と,透明で非常にかたいダイヤモンドは,両方とも炭素からなる物質できています。

炭素が面状に結びついて積み重なると黒鉛に,ハチの巣状に結びつくとダイヤモンドといった結合の違いだけです。。


天然のダイヤモンドは,地中深くの高温・高圧の環境でつくられています。そこで,人工のダイヤモンドも,高温・高圧の環境を再現することでつくられています。


アメリカ,ミシガン大学のラマン博士らは,黒鉛にレーザー光を照射すると,光の衝撃で14ピコ秒後(ピコは1兆分の1)には炭素原子の並び方がダイヤモンドの構造に変化し,30ピコ秒後には元にもどることを発見しました。


光を照射してダイヤモンドを黒鉛にかえる技術は,すでに実現しているが,逆に黒鉛がダイヤモンドにかわる現象ははじめて観測されました。


 今回の発見で,黒鉛に光を当てて,ダイヤモンドを安定してつくる技術が実現するかもしれないです。
はげ

3分の1の男性は45歳までに禿げることが知られているが、禿げの
原因は遺伝的要素や、生活習慣などの複雑に絡み、これまでに
はっきりと原因解明が行われたことはなかった。

そのような中、英マギル大学、英キングズカレッジ、英医薬品大手の
グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)社による共同研究グループが
禿げにつながる2種類の遺伝的変移の特定に成功していたことが
12日、英科学雑誌「ネイチャー・ジェネティックス(Nature Genetics)」に
掲載された論文によって明らかとなった。

研究グループは1125名に渡るコーカソイド(いわゆる白人)のゲノム
分析を実施。その結果、禿げには2種類のX染色体の遺伝的変移が
関わっていることを突き止め、その後、更に1650名のコーカソイドの
ゲノム分析を実施することにより、分析結果が正しいことを確認した
と述べている。

研究グループでは禿げの80%はこの2種類の遺伝的変移が原因だ
とした上で、禿げの遺伝子は母親から子へ、母系統の家系を通じて
受け継がれてきたものではないかと推論している。

研究グループによると7人に1人は遺伝的に生まれながらにして禿げる
運命にあるとしており、X染色体の染色体番号20に遺伝的変移のリスクが
ある場合、その人が禿げる可能性はそうでない場合の7倍にも達する
と述べている。

禿げの遺伝子の特定に成功したのは今回の成果が史上初となる。

ソース:http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200810141922
Technobahn 2008/10/14 19:22

父親と母親からそれぞれ一つづ受け継ぎ二つでセットになっているのが遺伝子。
女になるには、XXの組み合わせで
男になるには、XYの組み合わせ。
男性のもっている
X染色体は、母親からしか受け継がないし、
Y染色体は、父親からしか受け継がない。

ハゲは、昔からX染色体の遺伝子で決まるといわれていたが
今回X染色体の中のハゲ遺伝子が特定されたってことですね。
ミミズ

重金属を食べる“スーパーミミズ”発見

有害廃棄物をエサにする“スーパーミミズ”が見つかった。新たに進化した種とみられており、汚染された工業用地の浄化に役立つ可能性もあるという。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/bigphotos/images/081007-super-worms_big.jpg

 イギリスのイングランド地方やウェールズ地方などにある鉱区の土壌から、鉛、亜鉛、砒素、銅などの重金属を好んで食べる“ヘビーメタル・マニア”のミミズが発見された。

 新たに見つかったミミズは摂取した金属を若干異なる形に変えてから排泄する。
 排泄物は元の金属よりも植物が吸い上げやすい形状であり、植物に吸収させた上で刈り取れば土壌を浄化すること(ファイトレメディエーション)も望めるという。

 この研究を率いるイギリスのレディング大学のマーク・ハドソン氏は、「信じられないほどの高濃度の重金属にも耐性があるミミズで、むしろ重金属の存在が進化を促したように思える。
 何しろ、普通の家の裏庭から採取したミミズを放したら死んでしまうような土壌に生息しているのだ」と語る。

 研究チームが鉛を食べるミミズのDNA分析を実施した結果、このミミズは新たに進化した未知の種であることが確認された。
 このほかにも、イングランド南西部で見つかった砒素までエサにする個体群など、2種類のミミズに新種の可能性があるという。

 ハドソン氏らのチームは、こうしたスーパーミミズに強力なX線を照射し、塩の結晶の1000分の1の大きさしかない金属の粒子を追跡した。
 その結果、砒素への耐性があるスーパーミミズは、特別なタンパク質で砒素を包み込んで不活性化し、体に影響のない安全な状態にしていることが示唆された。
 ウェールズ地方の鉛を食べるスーパーミミズも、同様にタンパク質を使って体内で金属を無害化していることが分かっている。

 スーパーミミズの体内を通過した後の金属粒子にどの程度の毒性が残っているのかは、周囲を包むタンパク質の分解に長い時間がかかるため、いまのところはっきりしていないという。
 「だが、スーパーミミズが排泄した金属は地中から植物が吸い上げやすい状態になっていることが実験では示唆された。
 スーパーミミズ自身にとっては排泄物を無害化する必要もないはずだが、まるで植物のために変換を請け負っているかのようだ。
 採鉱や重工業などで汚染された土地の浄化にスーパーミミズを利用すると有効かもしれない」とハドソン氏は期待する。

 同氏は、「長期的な目標として、養殖したスーパーミミズを汚染地域に放し、植物を利用して毒性のある金属を抽出することで土壌や生態系の回復を促進する方法を考えている」という。
 さらに研究が進めば、植物を利用して金属を採集することも可能になるかもしれない。

「実現するかどうかは分からないが、いずれは植物から金属を効率的に取り出す方法を開発して、産業に役立てられるようになる可能性もある。
 植物を刈り取ってそのまま処理工場に運びさえすればよくなるかもしれない」と同氏は話している

 ウェールズ地方にあるカーディフ大学のピーター・キリー氏は、やはり金属を食べる虫を研究する1人だが、この研究について次のように述べている。
 「新種のスーパーミミズがどんなに有能であっても、1~2年で終わる人工の浄化プロセスには太刀打ちできないだろうが、汚染された土壌に蓄積された金属量の診断に利用すれば、非常に優れた手段となるだろう」。

Photograph by Jane Andre
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=79572641

すごい発見ですね。環境に応じて生物って進化するといっても
すごい進化の仕方ですね。
気になるのは、このミミズが排泄した重金属込みの糞を
植物が吸い上げてそれでなんら影響が無いわけじゃないような・・・
「特別なたんぱく質」吸い上げたんじゃ、植物も進化しそうだし。
酸化チタン

 今日のキーワード「酸化チタン」。

酸化チタンは光触媒という性質を持っています。
光触媒とは、光のエネルギーを使って、物質を分解するもので、それを塗装などに利用すると、
光触媒が汚れを分解して、雨がふるとキレイに流してくれるというなんとも便利な素材です。

近年はこの光触媒がいたるところで使われています。

洗濯をしなくてすむような品々に囲まれた未来の暮らしがまっているかもしれません。

日本で消臭・殺菌作用のあるコーティング材が浴室や病院用に開発され,
米国ではマサチューセッツ工科大学のルブナーとコーエンが,
同じような技術を使って浴室の鏡が曇らないようにしたり,
微量の液体を扱う「ラボ・オン・チップ」(液体が微細な流路を移動する検査用チップ)を
制御したりできると考えている。

すでに,ケチャップやマスタード,赤ワイン,コーヒーなどがシミにならないシャツやブラウス,スカート,ズボンが出回り,セルフクリーニング効果のある材料の開発現場はいま大きな技術革新が起こっています。


 セルフクリーニング材料の発想は,自然界で優雅に輝く水生の多年草であるハスに端を発していて、ハスは泥水の中で成長するが,ひとたび姿を現した葉は水面から何m も上に立ちあがり,決して汚れないように見える。葉の上の水滴には神秘的な輝きがあり,雨水によって他のどんな植物よりも簡単に汚れが洗い流されています。

こういった自然界からヒントを得て今セルフクリーニング材料は革新的な技術へと成長しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。