オンラインカウンター
有機化学の話
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鹿児島大学大学院理工学研究科の隅田泰生(すだやすお)教授(52)が、
微量のインフルエンザウイルスを濃縮して検出する方法を開発した。

隅田教授は「明確な症状が出ている人だけでなく、感染初期の人からも検出が可能。
さまざまなウイルスに対応でき、新型インフルエンザ流行第2波の
水際阻止・早期治療に役立つ」と話す。7
月1日から東京である国際バイオフォーラムで発表する。

隅田教授はウイルスが、周辺の細胞の表面にある糖分子に吸着することに着目。
糖分子を固定化した金のナノ粒子(超微粒子)を作った。このナノ粒子とウイルスを混合すると、
ウイルス表面にナノ粒子が吸着し、重くなって沈殿。
それを集めて濃縮し、遺伝子増幅法(PCR)で調べたところ、従来の1000倍の感度で
ウイルスを検出することに成功した。

濃縮せずに調べる方法では、分からなかったごく微量のウイルスを約2時間で検出できるという。
「従来、検出には1ccにつき1000個のウイルスが必要だったが、1個で可能な計算」(隅田教授)だ。
この方法を使い、だ液中のウイルスを20分程度で検査・確定できる自動検査システムを、
メーカーと共同開発中で「今秋にも実用化させたい」としている。
隅田教授は「実用化すれば、新型インフルエンザが強毒性になった場合、感染者と
同じ飛行機の乗客を簡単に一斉検査することもできる」と話している。


ソース:南日本新聞
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=17807
食べると筋肉痛や呼吸困難などが起きる毒キノコ「ニセクロハツ」に含まれる強い毒性物質を、
京都薬科大などのグループが突き止め、24日付英専門誌ネイチャーケミカルバイオロジー電子版に発表する。
この物質が引き金となって、筋肉が溶けることもわかった。中毒を起こす詳しい仕組みが解明されそうだ。

 ニセクロハツは猛毒で知られる。05~07年には、加熱すれば食用ともされるクロハツと
間違えて食べるなど6件の中毒があり、4人の死亡が報告されているが、その中毒物質は謎だった。
京都薬科大の橋本貴美子准教授と慶応大の中田雅也教授らは、ニセクロハツを水に浸して
抽出液をつくり含まれる成分を調べた。

 食べさせたらネズミが死んだ成分を分離したところ、その物質が炭素原子を4個もつ
小分子シクロプロプ―2―エンカルボン酸であることがわかった。この小分子は、合成化学の
研究で利用されることはあるが、生物とのかかわりは知られていなかった。

 死んだネズミの血液を調べると、筋肉が溶け出していることも判明。
体の中で何らかの化学反応を起こし、筋肉を溶かすと考えられるという。(瀬川茂子)
(asahi.cpm)
http://www.asahi.com/science/update/0524/OSK200905240044.html
私の意見では、マイナスイオンとは「あるある」をはじめ、さまざまなメディアが
科学的実証を得ないまま、下手にさわいだことで発生した偽科学であり、
それに乗じてマイナスイオン関連製品を開発した各社だけが悪いのではないと思う。
「除菌イオン」などと名を替えて、いまだに出回っているものもあるが、すでに「ミステリーサークル」
と同じ道のりを歩み始めているマイナスイオン。
そういった流行に振り回されやすい日本の国柄にも問題ありか?

様々な細胞に変化できる、人の胚(はい)性幹細胞(ES細胞)に、化合物を加えることで
膵臓(すいぞう)の元となる前駆細胞を大量に作製することに米ハーバード大が成功した。

この細胞からインスリンを分泌する細胞を作ることにも成功、糖尿病治療への応用が
期待される。16日の科学誌ネイチャー・ケミカルバイオロジーに掲載される。

同大のD・メルトン教授や長船(おさふね)健二元研究員(現京都大講師)らは、
ES細胞を培養して、将来消化器系の臓器になりうる細胞の塊を作製。
これに生物活性を持つ5000種類の化合物を一つずつ加えた。
その結果、酵素活性が知られる1種類を加えた時に、膵臓の前駆細胞ができることを確認した。
この前駆細胞を、免疫不全マウスに移植すると、インスリン分泌細胞が生成されることもわかった。

これまで生体内のたんぱく質(増殖因子)を加え、ES細胞からインスリン分泌細胞を
作った例はあるが、血糖値を劇的に下げる効果は確認されていない。
長船講師は「インスリン分泌細胞作製の選択肢が増えたことは大きい。化合物を使う手法は、
患者の細胞を使うiPS細胞(新型万能細胞)にも応用できる」と話す。

(2009年3月16日12時02分 読売新聞)

記事引用元:YOMIURI ONLINE(http://www.yomiuri.co.jp/index.htm)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090316-OYT1T00061.htm

炭素模型



第三の炭素結晶証明 東北大研究グループ、工業向け合成着手

 ダイヤモンドとグラファイト(黒鉛)以外にも炭素の結晶が存在することを、東北大多元物質
科学研究所の伊藤正寛研究員(計算材料学)の研究グループがスーパーコンピューターによる
計算シミュレーションで証明した。計算では、この新結晶が電気伝導性を持つことも分かった。

 同グループは「新結晶で集積回路をつくれる可能性もあり、金属資源の節約や材料コストの
削減につながる」として、結晶の合成に乗り出した。
 この成果は、米国物理学会誌「フィジカル・レビュー・レターズ」電子版に掲載された。

 これまで炭素結晶は、4本の電子結合を持つダイヤモンドのほか、3本の電子結合による
グラファイトだけとされていた。

 伊藤研究員が存在を証明した新結晶は、ダイヤモンドとグラファイトの中間的な性質を持つ。
グラファイト同様、一つの炭素原子に対し三つの炭素原子が対称的に結合。自由電子を1個
持つためグラファイトのように電流を通す。

 ダイヤモンドほどは固くないが電気を通し、グラファイトほどもろくもないため、集積回路など
工業用材料として扱いやすい性質という。

 炭素の新結晶は、東北大名誉教授の砂田利一明治大教授(幾何学)が2008年、数学的な
手法で存在を示し、大きな反響を呼んだ。しかし原子の結合の強さや特性などは不明だった。

 今回の研究には、理学研究科の小谷元子教授(幾何学)や金属材料研究所の川添良幸教授
(計算材料学)、多元研の阿尻雅文教授(化学工学)らも参加した。

河北新報
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/02/20090210t15020.htm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。