オンラインカウンター
有機化学の話 【感染症】新型インフル、超高感度の検出法を開発 鹿児島大大学院・隅田教授
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鹿児島大学大学院理工学研究科の隅田泰生(すだやすお)教授(52)が、
微量のインフルエンザウイルスを濃縮して検出する方法を開発した。

隅田教授は「明確な症状が出ている人だけでなく、感染初期の人からも検出が可能。
さまざまなウイルスに対応でき、新型インフルエンザ流行第2波の
水際阻止・早期治療に役立つ」と話す。7
月1日から東京である国際バイオフォーラムで発表する。

隅田教授はウイルスが、周辺の細胞の表面にある糖分子に吸着することに着目。
糖分子を固定化した金のナノ粒子(超微粒子)を作った。このナノ粒子とウイルスを混合すると、
ウイルス表面にナノ粒子が吸着し、重くなって沈殿。
それを集めて濃縮し、遺伝子増幅法(PCR)で調べたところ、従来の1000倍の感度で
ウイルスを検出することに成功した。

濃縮せずに調べる方法では、分からなかったごく微量のウイルスを約2時間で検出できるという。
「従来、検出には1ccにつき1000個のウイルスが必要だったが、1個で可能な計算」(隅田教授)だ。
この方法を使い、だ液中のウイルスを20分程度で検査・確定できる自動検査システムを、
メーカーと共同開発中で「今秋にも実用化させたい」としている。
隅田教授は「実用化すれば、新型インフルエンザが強毒性になった場合、感染者と
同じ飛行機の乗客を簡単に一斉検査することもできる」と話している。


ソース:南日本新聞
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=17807
2 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2009/07/01(水) 16:54:48 ID:l+znDDx/
インフルスミダ!

3 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2009/07/01(水) 17:04:24 ID:SAR/unpq
>約2時間で検出できるという

十五分以内じゃないと実用的とは言いがたい

4 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2009/07/01(水) 18:46:00 ID:pjDlkCyl
支払わなきゃならない特許料がえらい高そうな技術だな

5 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2009/07/01(水) 18:54:46 ID:+kQNB0mB
これは凄い

今まで発熱で判断せざるをえなかったことを考えると
凄い進歩だ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://topsynthesis.blog39.fc2.com/tb.php/87-3ee11199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。