オンラインカウンター
有機化学の話 ナノのカプセル
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナノテクノロジーで面白いニュースがあったので紹介したいと思います

ナノのカプセル ●nature 
2008年9月4日号
水と油でできた,薬を運ぶナノサイズの入れ物が開発された。


 水と油をいっしょに振ると,一度はまざってもすぐに分離してしまう。そこで,せっけんなどに含まれている「界面活性剤」を加えて振ると,水と油が細かくまざったままの液体ができる。これをエマルジョン(乳濁液)という。
 界面活性剤によって,水中に細かく油滴が分散し,さらに油滴の内部に水滴がある液体を「ダブルエマルジョン」という。ダブルエマルジョンは,微細な油のカプセル内に薬を入れて運ばせるなど,さまざまな用途が期待されている。ただしこれまでは,100ナノメートル(ナノは10億分の1)以下の水滴や油滴の作製はむずかしかった。
 アメリカ,カリフォルニア大学のハンソン博士らは,「ジブロック・コポリペプチド」という界面活性剤を用いることで,30~200ナノメートルのダブルエマルジョンをつくることに成功した。
 今回の成果は,さまざまな物質の保存,輸送に役立つだろう,と博士らはのべている。
http://www.newtonpress.co.jp/science/news/sensor/s2008/s200812/200812-1788.html

ナノレベルの技術はすごい勢いですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://topsynthesis.blog39.fc2.com/tb.php/67-45328ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。