オンラインカウンター
有機化学の話 黒鉛にレーザー光で,ダイヤができるかも。
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイヤ

鉛筆のしんなどに使われる黒鉛と,透明で非常にかたいダイヤモンドは,両方とも炭素からなる物質できています。

炭素が面状に結びついて積み重なると黒鉛に,ハチの巣状に結びつくとダイヤモンドといった結合の違いだけです。。


天然のダイヤモンドは,地中深くの高温・高圧の環境でつくられています。そこで,人工のダイヤモンドも,高温・高圧の環境を再現することでつくられています。


アメリカ,ミシガン大学のラマン博士らは,黒鉛にレーザー光を照射すると,光の衝撃で14ピコ秒後(ピコは1兆分の1)には炭素原子の並び方がダイヤモンドの構造に変化し,30ピコ秒後には元にもどることを発見しました。


光を照射してダイヤモンドを黒鉛にかえる技術は,すでに実現しているが,逆に黒鉛がダイヤモンドにかわる現象ははじめて観測されました。


 今回の発見で,黒鉛に光を当てて,ダイヤモンドを安定してつくる技術が実現するかもしれないです。
コメント
この記事へのコメント
初めまして^^
エンピツの芯がダイアモンドになるんですか!?
スゴイ発見ですね!!
ぼくもブログをしているのでよかったら来て下さい!
2009/02/26(木) 17:11 | URL | ところてん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://topsynthesis.blog39.fc2.com/tb.php/64-8f5505d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。