オンラインカウンター
有機化学の話 カフェイン摂取量が新生児の出生時体重に影響
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カフェイン妊婦
【11月5日 AFP】英研究グループは3日に発表した女性のカフェイン摂取量と赤ちゃんの
出生時体重との関係性についての研究結果で、妊婦はコーヒーや紅茶、コーラなどの
摂取量を最小限に抑えるべきと結論づけている。

研究は英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical Journal、BMJ)」
電子版で発表された。

通称「CARE」と呼ばれる同研究グループは、妊娠8-12週の女性2635人を対象に、
食生活の聞き取り調査と、健診時に唾液中のカフェイン含有量調査を行った。

その結果、1日のカフェイン摂取量が100-199ミリグラムの被験者は、100ミリグラム以下の
被験者と比較して、低出生体重児を出産するリスクが20%高くなった。1日の摂取量が
200-299ミリグラムの場合、リスクは40%に増加、300ミリグラムを超える場合に至っては、
リスクは50%となった。

カフェインは通常、コーヒー1杯に100ミリグラム、紅茶1杯に50ミリグラムほど含まれているが、
焙煎(ばいせん)濃度やメーカーによって異なる。コーラやチョコレート、一部の薬品にも
カフェインは含まれている。

出生児体重は、特に糖尿病や心臓疾患などの健康状態の判断基準として広く採用されている。

研究グループは、女性への「賢明な助言」として妊娠前および妊娠中のカフェイン摂取量を
減らすことを提案すると論文をまとめている。

記事引用元:
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2535230/3494829


妊婦がお茶も飲めないってのは
ちょっとかわいそう

でも健康な赤ちゃんのためなら仕方ありませんね・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://topsynthesis.blog39.fc2.com/tb.php/63-d129b597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。