オンラインカウンター
有機化学の話 キノコの化学
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キノコ

キノコには不思議なもので、構造が違ういろいろな毒があるのが知られています。
代表的なものはベニテングタケにはムスカリン、イボテン酸という神経毒が含まれています。

キノコの毒は神経毒が多い。これは生体はこれらの毒素を神経伝達物質に似ていて、それと
間違えるために神経に異常が出るからです。

見た目はすごく美しいキノコのタマゴテングタケはアマニチンという巨大な構造をとっている
物質を持っています。このキノコは見た目とは裏腹に強力な毒性をもっていて、数mgで
致死にいたるといわれています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://topsynthesis.blog39.fc2.com/tb.php/6-9bca8ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。