オンラインカウンター
有機化学の話 ガソリンの代わりに砂糖で動く
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
砂糖でガソリン

多糖類のでんぷんに水と酵素を加え、効率よく水素をつくり出す技術を
米バージニア工科大の研究チームが開発した。

4月の米化学会で「ガソリンの代わりに砂糖で動く、環境負荷の小さい
自動車の実現につながる技術」として報告した。
論文も米科学誌プロスワンに掲載された。

張以恒(チャン・イヘン)博士らのチームは、ブドウ糖がつながったでんぷんと水に、
よく知られている13種類の酵素を加え、人間の体温ほどの温度に保つなど
条件を工夫したところ、これまで知られている反応より3倍も効率よく水素が発生した。

現在、ごく一部で使われている燃料電池自動車は、ガソリンスタンドのような
水素ステーションでボンベに高圧の水素を補給する。
「砂糖自動車」ができれば、水素ボンベではなく砂糖タンクと反応器を積み、
砂糖を補給して走ることになり、安全性や利便性が高まる。

張博士は、水素の発生効率を上げていくと「8~10年先なら、砂糖自動車に
使えるほどの効率にできるのではないか」という。
今回の技術に似たものとしては、ブドウ糖を使って直接発電するバイオ電池がある。
ソニーが昨夏、半導体メモリーから音楽を再生するシステムを発表している。

ソース:http://www.asahi.com/special/070110/TKY200805010111.html
画像:http://www.asahi.com/special/070110/images/TKY200805010153.jpg
コメント
この記事へのコメント
うーまた食いもんか、という感想ですね。
でも天然高分子から水素を取り出せるというのは大きな進歩だと思います。
今度は食えない葉っぱや藁の類から取り出せるようになったらいいですね。
2008/08/30(土) 14:41 | URL | 化学魔 #lrrHjS.6[ 編集]
>>化学魔さん
そうなんですよね。食べ物だとどうしても弊害が出てしまうので、

食べ物以外が望ましいですけど・・・

でも今後の展開に期待しましょう。
2008/09/01(月) 23:22 | URL | 宙太 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://topsynthesis.blog39.fc2.com/tb.php/42-4685de79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。