オンラインカウンター
有機化学の話 薬害で有名なサリドマイド、年内販売も
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サリドマイド
今回は薬害事件でサリドマイドの話です。

サリドマイドは等量のR体とS体が混ざったラセミ体として合成されます。薬害当時の技術では分離が難しく、ラセミ体のまま発売されました。後に、R体は無害であるがS体は非常に高い催奇性をもっており、高い頻度で胎児に異常をひき起こすということがわかりました。

R体・S体を分離すること、及び不斉合成も可能だが、R体のみを使用しても比較的速やかに生体内でラセミ化することが解っいるので、単純にR体が催眠作用のみを持ち、S体が催奇性だけを現すという当初の報告は疑問視されている現状です。

そんな中、「サリドマイド、骨髄腫治療で年内販売も」というニュースがありました。
サリドマイドの有効性と安全性については、十分検討されるでしょうが、二度とあのような事態にならないことを願います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://topsynthesis.blog39.fc2.com/tb.php/41-cb726569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。