オンラインカウンター
有機化学の話 生ごみから抗がん物質・・・新薬に
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抗がん物質

バイオ技研工業と富山県立大工学部生物工学科の五十嵐康弘准教授ら研究グループは、抗がん作用のある新しい化合物を作り出す微生物を生ごみ処理槽の中から発見し、新薬開発を目指して国際特許を出願したそうです。

この微生物は生ごみを発酵分解しながら、がんの転移や活性を抑える化合物を生成しることを発見。動物実験で毒性が非常に弱いことも分かり、医薬品としての用途が期待されます。


 微生物が作り出す複数の物質を調べたところ、いずれもがんの転移を抑制する作用と、細胞のがん化や炎症に関係する活性酸素を消去する作用を持つまったく新しい化合物であることが分かりました。


 微生物に由来する医薬品としては、青カビから発見された「ペニシリン」が有名だが、五十嵐准教授によると、堆肥はほとんど研究されてこなかったといいます。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://topsynthesis.blog39.fc2.com/tb.php/40-47d43aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。