オンラインカウンター
有機化学の話 分子ピンセットのお話
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pinset_convert_20080730150601.jpg

これは、分子でできたピンセットです。JST(理事長 沖村憲樹)による仕事です。
 大きさが10億分の1メートル(1ナノメートル)ながら、機械のような動作をする分子機械と呼ばれ、ナノテクノロジーの究極の目標として注目を集めています。

この原理ですが、光によりシス体、トランス体と変化させることができるアゾベンゼンを組み込んで、はさむ部品として使っています。

軸回転運動を行なうフェロセン、塩基性分子をつかまえることのできる亜鉛ポルフィリンという3種類の部品を組み合わせることで、光により駆動する分子ピンセットを開発されています。

分子ロボット開発への大きな一歩と言える成果です。

 Mechanical twisting of a guest by a synthetic molecular machine
(合成分子機械によりゲスト分子を機械的にねじる)より
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://topsynthesis.blog39.fc2.com/tb.php/11-2d7d7ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。