オンラインカウンター
有機化学の話 世の中で最も暗い物質
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒い物質
米レンセラー工科大とライス大の研究チームが、「当たった光の99.9%以上を吸収する」という「世の中で最も暗い物質」をつくったらしい。

「暗い物質」は、太陽光を電気や熱などに変換する装置や赤外線センサーの性能を上げるのに役立つとされ、より効率よく光エネルギーを吸収する「暗い物質」が追求されてきた。黒のペンキでも反射率は5~10%もあり、これまでに発見された最も暗い物質であるニッケル・リン合金の膜蒸着も、全反射率 0.16~0.18%に留まっていた。


今回レンセラー工科大学のシャウ・イー・リン教授のチームでは、暗い物質を作るため、基板の上に微細な炭素の筒(カーボンナノチューブ)を成長させ、屈折率をきわめて低くし、適度な表面のランダムネスを実現することで反射率を低く抑えたという。全反射率はわずか0.045%。反射される光が3分の1になったことで「これまでより3倍暗い物質」ができたとしている。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://topsynthesis.blog39.fc2.com/tb.php/10-7c26c8a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。