オンラインカウンター
有機化学の話
有機化学のトピックを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イジウム

東京大学大学院理学系研究科の小林 修 教授らは、インジウム金属が
水中において炭素-炭素結合生成反応の触媒として機能することを発見しました。

水のみを溶媒として用いる炭素-炭素結合生成反応は、環境にやさしい
反応手法として近年活発に研究開発が行われています。これらの反応では
水中で分解することなく安定に機能する触媒の存在が重要であり、本研究
グループではこのような水の中で機能するルイス酸触媒)をすでに数多く
見いだしてきました。

その結果、さまざまな水中でのルイス酸触媒反応の開発することができ、
また触媒的不斉合成のような精密な反応制御を必要とする有機合成も
水中で行うことができるようになりました。
しかし、これまで用いてきた水中での触媒はいずれも金属塩で、単体の
金属をそのまま使用するのは困難でした。

インジウムは半導体の成分や液晶ディスプレイの電極などに用いられる
レアメタルで、単体であるインジウム金属=In(0)=は無毒なうえ水の中に
おいても安定ですが、炭素-炭素結合生成反応においては量論量反応に
のみ用いられ、触媒量で用いられた例はありませんでした。

インジウムは世界的に生産量が限られており、省資源やコスト面から
有機合成においては触媒量での使用が望ましいと言えます。

本研究グループは今回、種々のインジウム触媒について検討を行った結果、
単体のインジウム金属が水中において触媒量で機能し、重要な炭素-炭素結合
生成反応であるケトンのアリル化反応を効率的に進行させることと、使用した
インジウム金属が反応後の回収・再使用が可能であることを明らかにしました。

また、インジウム金属触媒が触媒的不斉合成にも展開できる可能性があることも
分かりました。この成果により、環境にやさしい水中での有機合成において
金属単体の触媒としての活用という新たな領域が開かれ、今後、省資源を
指向したレアメタルの触媒技術の確立につながると考えられます。


スポンサーサイト
無題


現在叫ばれている環境問題に関連するんですが、

地表から10キロメートル以内の「対流圏」に存在するオゾンの濃度は150年にわたって上昇しているらしいです。

対流圏のオゾンは温室効果ガスとしてはたらくため,気候変動に重大な影響をおよぼしており,その発生と分解の過程を理解することが重要であるといわれていました。


 イギリス,ヨーク大学のリード博士らは,大西洋の熱帯域に位置するベルデ岬諸島の観測所で,1年間にわたり海面付近の大気成分の観測を行った結果,


この海域では,臭素やヨウ素などのハロゲン化合物が,日中,広く分布していることが明らかになりました。ハロゲン化合物には,オゾンを分解する効果があるということになります。

博士らによると,これまでのハロゲン化合物の存在を考慮しない予測モデルよりも,オゾンの消失量が50%も大きくなるという。


 

 
アゾプレシン

科学的に「家庭を大切にせず、浮気をしてしまうような困った夫」を、理想的な夫に変貌させる方法があります。

ハタネズミは自分の家庭と子供を非常に大事にする傾向があるものと、浮気性のハタネズミは何匹ものメスと関係を持って子供を産ませるが、その子供にはほとんど見向きもしない者がいます。

この違いの原因として科学者達は、バソプレッシンと呼ばれるホルモンが一雌一雄の関係を促進するもので、ハタネズミが浮気するのはこのバソプレッシンホルモンの分泌量が少ないからだと分析しました。そこで浮気癖のハタネズミにこのホルモンを十分な量与えました。

その結果、今まで浮気ばかりしていたハタネズミが、ぴたっと浮気を止め、一人のメスに寄り添うようになり、そればかりか、他のメスハタネズミが誘惑してきても彼は見向きもしなくなるほど、その立ち振る舞いがガラリと変貌したらしいです。

人間の場合も性交渉を行うときにバソプレッシンが分泌される事がわかっています。二人の関係を維持するために、重要な役割を担っているのがバソプレッシンだと考えて良いかもしれません。

また、スウェーデン・カロリンスカ研究所などの研究で遺伝子「AVPR1A」がこのバソプレッシンを脳内で受け止める物質をつくる働きがあります。

 この遺伝子には様々な型があり、うち1種類を持つ男性は、結婚が危機にひんした経験のある人が多かった。この成果は、近く米科学アカデミー紀要に発表されます。

 スウェーデンで成人約2000人について調べた結果、この遺伝子が「334」という型の男性は、妻に不満を持たれている割合が高く、過去1年間に離婚など結婚生活が破たんしたか、その恐れのあった人の割合が、他の型の男性の2倍以上でした。

浮気も物質で制御されていると考えると面白いですね。
暗黒物質

今回はまったく有機ではないんですが、ロマンを感じさせるニュースがあったので紹介します。

地球から57億光年離れた所で衝突しつつある2つの銀河団では、
物理学で知られる普通の物質と、謎の暗黒物質の分布がずれて
いることが、チャンドラ天文衛星のX線観測とハッブル宇宙望遠鏡の
可視光観測で分かった。
米カリフォルニア大などの研究チームが1日までに発表した。

銀河団に含まれる熱いガス同士は衝突して減速しても、暗黒物質
同士は重力以外ではほとんど、または全く干渉しない可能性が
あるという。

ソース:http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008090100548

宇宙はわからないことだらけなのですごく魅了されますよね。

暗黒物質!?影の世界!?他の世界から漏れ出した物質!?
などなどすごく面白いトピックだと個人的には思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。